スベっていいとも!

スベっていいとも!

ショタ系ブロガーの萌え萌え日記

MENU

【天下一品、おじや】がおいしすぎる!

※この記事はジャンキーな表現が含まれておりますが、筆者は健康オタクです!


みなさん!天下一品は好きですか?


私は好きです!あのビビるぐらい体に悪そうな感じがたまりません。


昔は週4ぐらいで天下一品にいっていたと思います。ポイントカードも集めていました。

しかしある時気づいたのです。


こんなん毎日食ってたら死ぬ!!!!


と・・・


どうも!


絆創膏のことは『サビオ』と呼んで育ってきました。


僕エノモトです!


続きです。そのことの重大さに気づいて私は溜まりかけていたポイントカードを破り捨てました。これは覚悟です。


それから心に決めました。『天下一品はもう誕生日にしか行かない!』と・・・


天下一品に行く頻度は1年に一回になりました。『10月1日天一の日』であってもそれはいく理由にならないのです。


話は変わりますが、天下一品はお店によりうまさが違います。


店舗により麺の太さも違います。個人的に細すぎるのはスープが絡みにくい感じがします。


しかし、天一の味を一番左右するのはズバリ【温度】店舗によりスープの温度が全然違います。


熱ければ熱いほどうまいです。どれぐらいの熱さかというと、『麺を食べただけなのに、上あごの内側がデロデロになるぐらいの熱さ』です。


食べるだけで負傷するラーメン。それこそ本物の天下一品です。


いろいろな店舗を回ったというわけではありませんが、以前住んでいた『難波ウインズ前店』はかなりおいしいと思います。


京都本店もみんな『おいしい』『おいしい』というので一度行ったことがありますが、難波ウインズ前店もなかなかやりおります。


店舗によっては納豆をトッピングできる店舗もあるそうですよ!

一度いかなければいけないと思っています。


さて、今日はそんな話がしたかったのではなく、ただでさえおいしい天下一品ですが、もっとおいしく楽しむ方法があります!


それは【おじや】


えーえー わかっていますとも!公共の場でお行儀が悪いことは承知の助ですよ!!


しかし!人の目ばかり気にしちゃ損でしょうよ!!!



ぶっちゃけですね!天下一品が一番おいしいのって一口目なんですよ!食べれば食べるほど気持ち悪くなっていくんですね!ドロドロすぎて、スープ単体で飲み切ろうものなら、ちょっと気分が悪くなっちゃいます!


しかーーーし!!そこに白ご飯を投入しおじやにすることで、ええ塩梅になるんでわ~ 


取り合えず天下一品いきますね!


天下一品にやってきました!


f:id:minaraisennin:20171116191445p:plain


一応私も人の子です。行儀が悪いことはわかっているのでなるべく人に見られない席に座ります!


ちなみにこの店舗のおいしさは【普通】です!至って普通の天下一品です!


ラーメンを頼みます!白ご飯とセットのやつですね!


f:id:minaraisennin:20171116184300p:plain


うへへ うまそうだぜ!


とりあえず、ラーメンをたべます!

f:id:minaraisennin:20171116184319p:plain



蓮華にちょっとずつ乗せて『ミニラーメン!』とかやってみます。(みんなやったよね?)


f:id:minaraisennin:20171116184309p:plain


ではとりあえず麺を全部食べてしまってので、御飯を投入していきます!(たくあんは邪魔なので先に食べておいてください!)


f:id:minaraisennin:20171116184247p:plain


ダブーーーーン!!!!


f:id:minaraisennin:20171116184201p:plain


(あ~だめだ。記事書いてたらまた食べたくなってきた・・・)


混ぜます!


f:id:minaraisennin:20171116184034p:plain



おっじや~~~~(『たまや~』 みたいな感じで!)



おっじや~~~~(『たまや~』 みたいな感じで!)



みて頂いたらお分かりになると思いますが



どう考えてもおいしいのです!



これのおいしさを完全に理解して頂いた人には、『白飯』の代わりに『チャーハン』をぶち込むことをオススメします!


もうね~


しつこい!!!


塩分半端じゃないから!


いかがだったでしょうか?【天下一品のおじや】食べてみたくなったのではないでしょうか?



踏み切れないあなたの背中を押してくれる楽曲


なにしてんの /SURFACE
www.youtube.com


ちなみに僕の親友は高校の時この曲をきいて『野球部に入る!』と決心したそうです!