スベっていいとも!

スベっていいとも!

ショタ系ブロガーの萌え萌え日記

MENU

【食レポ】ぴーやんぐやきそば春雨食べました!

最近はてなブログ会では『くらげ化』というのが流行っているそうです。


www.yanoyu.com


みんなが人間をやめてクラゲになっていっているそうです。



クラゲの復讐?テラフォーマーズ的な?



くらげといえば、その昔海に行ったときにおじいちゃんが取ってきてくれて「実験だ!実験だ!」といった感じで、浜辺で乾かしてその様子を観察していました。


その実験中ふと目を離してビーチボールに夢中になっていた瞬間!母親がビーチサンダルで踏み砂まみれになってしまい実験を終了した記憶があります。




あれ?



もしかして僕殺される?




どうも!


僕エノモトです!



ということで、先日コンビニこんな商品を見つけました!


f:id:minaraisennin:20170919163207p:plain



ピーヤングってなんやねん・・・



怖いな怖いな~

昨日ツイキャスで神々しい健康トークをしてしまったばっかりに、こんな記事書いてると総ツッコミ食らいそうで怖いな怖いな~



さて話を戻しますね!


『ピーヤング』というもはや会社の名前までもおかしくなってしまったこの商品。(※もしかしたら本当に別の会社なのだろうか?)



てか『やきそば春雨』ってなんやねん!





お好み焼きで御飯食べるのは許しますよ!(関西なので)



でもやきそばで春雨て・・・そして『塩コショウ味』て・・・





特別『おいしそう!!』という印象はないものの、まぁー外れではないだろう・・・無難。控えめにいって無難。



注目すべき驚異のカロリー219kcalといったところでしょうか?おにぎりおおよそ1個分ですね!



ぺやんぐ焼きそば大盛は1000キロカロリーを超えてくるため、おおよそ1/5!



みなさんわかっていますか?1/5ってめっちゃヤバイですよ!!



仮に『らんま1/2が』 『らんま1/5』になったと想像してみてください!やばくないですか?




中身はこんな感じ。


f:id:minaraisennin:20170919163216p:plain


特筆すべきは『麺も袋に包まれている』というところでしょうか?


では早速お湯を入れていきましょう!



湯切は3分後ということなので、この時間を利用して新作スナックを食べます!(オイッ)


f:id:minaraisennin:20170919164700p:plain



コーンスナック『エアリアル』



f:id:minaraisennin:20170919164910p:plain



『サクッ♪サクッ♪サクッ♪サクッ♪の4重奏』



ごめん!それはさすがに言い過ぎだと思う。



その名に恥じぬ『エアリアル』っぷりだったと思います。







3分経ちましたのでお湯を切ります!




が、その時!!




『熱っ!』




『エノモト低温火傷』




「いけない!一刻も早く僕の寒いダジャレで冷やさなくては!」



『悪くないやん! メグ・ライヤン!』


・・・

・・・


って何言わすねん!!!





僕が初めて湯切りをしたのはたぶん5歳の頃。


現在30歳。



25年湯切をし続けてきているといういわば『プロ』。もうベテランの域であるにも関わらず、なぜこのようなミスをしてしまったのだろうか?



スパ王みたいな蓋タイプのやつで、湯切の時油断して、麺ごと排水溝にダイブをさせたことぐらいはあるけど、火傷だなんてしたことがない・・・



今回火傷をしたのは、湯切の穴ではなく、『はがしかけの蓋がギリギリついてるところ』からあふれた熱湯によるものでした。



春雨がビビるぐらいお湯を膨らんで膨張。なんだったら入れたお湯の8割は吸い込んだんじゃないかというぐらい膨張しています。



なので捨てるお湯の量が他のインスタントに比べると圧倒的に少ない!



若いのでまだわかりませんが、『あれ?これが遅漏かな?』と思わせるような勢いでした。



麺が補足やわらかいため、湯切口を封鎖していた可能性もあります。



「レインボーブリッジ 封鎖できましぇ~~ん!」



織田裕二もこんな気持ちだったのかもしれない。



その封鎖できずに横から流れ出して熱湯にやられたのだ。あっぱれである。



というこで出来上がりました!



f:id:minaraisennin:20170919163232p:plain





味は至って普通の春雨でした!



しいて言うなら、春雨をみてヤノユウ君(くらげ化)を思い出しました。



みなさんもぜひご賞味くださいませ!